CTI顧客管理システムマニュアル(INSMATE V30Slimの接続)

マニュアル

2017/08/05 Update Ver5.142

INSMATE V30Slimの接続

NTT製「INSMATE V30Slim」の接続例です。

CTI用V30Slim

配線の接続

(1)INSMATE V30Slimと電話機を接続します。

(2)INSMATE V30Slimと回線を接続します。

(3)電源アダプタを接続します。

CTI用V30Slim

ナンバーディスプレイの設定

(4)電話機からの操作でナンバーディスプレイ機能を有効にします。

確認テスト

(5)電話の着信テスト行い、電話機側にナンバーディスプレイが表示される事を確認します。

ナンバーディスプレイの契約が必須です。

コンピュータとの接続

(6)付属のUSBケーブルでINSMATE V30Slimとコンピュータを接続します。

ドライバソフトのダウンロード

(7)32bit版はこちらからダウンロードをして、デスクトップに保存→実行を行います。

(8)64bit版には対応していません。

ドライバソフトのインストール

(9)ドライバソフトのインストールを行います。

CTI用V30Slim

CTI用V30Slim

CTI用V30Slim

CTI用V30Slim

CTI用V30Slim

CTI用V30Slim

CTI用V30Slim

CTI用V30Slim

CTI用V30Slim

INSMATE V30Slimイージーウィザード

(10)INSMATE V30Slimでは、初期設定でCTI情報出力が無効となっていますので有効化に設定します。

(11)イージーウィザードをこちらからダウンロードをして、デスクトップに保存→実行を行います。

CTI用V30Slim

CTI用V30Slim

CTI用V30Slim

CTI用V30Slim

CTI用V30Slim

CTI用V30Slim

CTI用V30Slim

CTI用V30Slim

CTI用V30Slim

CTI用V30Slim

CTI用V30Slim

CTI用V30Slim

CTI用V30Slim

CTI用V30Slim

CTI用V30Slim

以上でINSMATE V30Slimの設定は完了です。続いてCS3ALiCE側の設定を行います。

CTI顧客管理システムのメニューバー

メニュー

(12)メニューの環境設定を選択して、環境設定ウィンドウを開きます。

CTI顧客管理システムのV30Slim

シリアルポートデバイスの設定

(13)CTI設定のタブを選びます。

(14)シリアルポートデバイスを選びます。

(15)ポートに(INSMATEV30Slim USB)を指定します。

ポート番号は環境によって異なります。

(16)デバイスに「INSメイト V30Slim」を指定します。

識別ID

(17)着信時に表示させる識別IDを指定します。

電話番号などを指定ください

着信時にメンバーウィンドウを開く

(18)着信時にメンバーウィンドウを開く場合は、チェックを入れます。

同じグループ店の着信情報を取得する

(19)グループ全店の着信を取得する場合は、チェックを入れます。

フィルタリングを有効にする

(20)着信情報のフィルタリングを行う場合は、チェックを入れて正規表現で指定します。

高度な設定のため、ご不明な場合は弊社までお申し付けください。

登録

(21)設定ボタンで登録を完了します。

登録後にシステムの再起動が必要です。

CTI顧客管理システムのメニューバー

着信履歴ウィンドウ

(22)メニューの着信履歴を選択して、着信履歴ウィンドウを開きます。

CTI監視

ポート監視

(23)CTI監視CTIポート監視ボタンをONにします。

正しく動作しない場合

(A)INSMATE V30Slimの電源が入っている事を確認してください。

(B)コンピューターとINSMATE V30Slimの接続を確認してください。
USBケーブルの接続トラブル

(C)NTTのナンバーディスプレイ契約が必須です。

(D)INSMATE V30SlimのナンバーディスプレイON/OFFの設定を確認してください。

(E)INSMATE V30SlimのCTI情報出力ON/OFFの設定を確認してください。

(F)Windows8(64bit)/Windows10(64bit)はドライバーソフトが未対応のため、ご利用頂けません。