CS3 ALiCE7 マニュアル

TEL.0120-132-343
12:00~20:00(日・祝日休み)

2018-04-03 Updated Ver7.072

ビジネスフォン(アナログ回線-前)の接続例

ビジネスフォンのアナログ回線入力側にナンバーディスプレイアダプタアロハND6を設置して、電話回線とコンピューターを接続します。
事前にビジネスフォン側の設定が必要となりますので、ビジネスフォン設置業者様へご確認ください。
複数回線に対応する場合は、回線数分のアロハND6が必要です。

ご希望の店舗様は、CTI設定作業についてリモートツールを利用して、弊社で設定を代行させていただきます。

1アロハ(電話機口)とビジネスフォンを接続します。

2アロハ(回線口)と電話回線を接続します。

3電源アダプタを接続します。

4USBケーブルでアロハとコンピューターを接続します。

5アロハ本体を操作してタイプの設定を行います。
■アロハの電話機側に、ビジネスフォンを接続する場合
タイプ[OFF]に設定します。

6着信テストを行い、アロハ本体のディスプレイに発信者の電話番号が表示される事を確認します。
正しく表示されない場合は、下記を確認ください。
・ナンバーディスプレイの契約を行っていますか。
・アロハ側の電話機/回線は正しく接続されていますか。
・アロハ側のタイプの設定は正しく行われていますか。
・電源とUSBケーブルを一旦取り外し、機器のリセットを行う事で改善される場合があります。

CTIコネクトの設定

7Windowsデスクトップの[CTIコネクト]アイコンをクリックして起動します。
CTIコネクトのプログラム本体は弊社から送付致します。

8[CTI設定]のタブを選びます。

9シリアルポートデバイスの[使用する(S1)]にチェックを入れます。

10デバイスに[アロハND6]を選択します。

11COMポートに[Prolific USB-to-Serial]を選択します。

12識別IDに電話番号などを入力して[更新]をクリックします。
識別IDは、英数字で指定できます。

13[動作設定]タブを選びます。

14[POST送信]タブを選びます。

15[POST送信を使用する]にチェックを入れます。

16POST送信の内容を入力して[更新]をクリックします。

ポート監視の有効化

17[CTI]のタブを選びます。

18[PORT1]ボタンをクリックしてポート監視を有効にします。
ポート監視が有効にならない場合は(7)~(12)の設定を確認ください。

着信情報を取得するために、Windows及びCTIプログラムは常に起動しておく必要があります。

ポップアップ表示の設定

19CTIポップアップ表示の設定を行います。