CS3 ALiCE7 マニュアル

TEL.0120-132-343
12:00~20:00(日・祝日休み)

2018-04-03 Updated Ver7.072

ビジネスフォン(IP)の接続例

ビジネスフォンのIP機能(SIP)を利用して、電話回線とコンピューターを接続します。
事前にビジネスフォン側の設定が必要となりますので、ビジネスフォン設置業者様へご確認ください。

ご希望の店舗様は、CTI設定作業についてリモートツールを利用して、弊社で設定を代行させていただきます。

CTIコネクトの設定

1Windowsデスクトップの[CTIコネクト]アイコンをクリックして起動します。
CTIコネクトのプログラム本体は弊社から送付致します。

2[CTI設定]のタブを選びます。

3IP-PBXの[使用する(SIP)]にチェックを入れます。

4 ホストにひかり電話ルーターのIPアドレス[192.168.**.**]を指定します。
ビジネスフォンの設定により数値が変わります。

5回線番号に[3]を指定します。

6ローカルIPアドレスは変更の必要はありません。

7ポート番号に[5060]を指定します。

8識別IDに電話番号などを入力して[更新]をクリックします。
識別IDは、英数字で指定できます。

9[動作設定]タブを選びます。

10[POST送信]タブを選びます。

11[POST送信を使用する]にチェックを入れます。

12POST送信の内容を入力して[更新]をクリックします。

ポート監視の有効化

13[CTI]のタブを選びます。

14[PORT1]ボタンをクリックしてポート監視を有効にします。
ポート監視が有効にならない場合は(1)~(8)CTIコネクトの設定を確認ください。

着信情報を取得するために、Windows及びCTIプログラムは常に起動しておく必要があります。

ポップアップ表示の設定

15CTIポップアップ表示の設定を行います。